対策を考える

緑に囲まれた木造住宅

鳩はウイルスや菌をもっていることから人間への健康被害をもたらす恐れがあります。さらにその中でも深刻な問題が糞です。ベランダに衣類を干すことができなくなるほどの問題に発展する前に業者に駆除依頼することが適切です。

住宅の耐久性を著しく低下させるシロアリを退治しましょう。業者に依頼すれば駆除だけでなく予防の対策も実施してくれます。

Read more

平和の象徴

横向きのイタチ

平和の象徴として人気の高い鳩は、私たち人間の生活を脅かす危険もあります。ネットを張って鳩の侵入を防ぐ人もいますが、鳩はネットをこじ開けて侵入できるので業者に依頼することが適切です。

Read more

簡単な方法

イタチの親子

鳩の侵入を防ぐために昔から行われていた簡単な駆除方法があります。それは、ベランダなど鳩が侵入しやすい箇所に使わなくなったCDなど光るものを置くという方法です。他にも目玉模様のものを置くと鳩避けになります。

Read more

遠くを見ているイタチ

被害が多い動物

イタチのアップ

アライグマ被害から自宅を守るためには、自宅周辺を「アライグマが近づかない環境」にしなければいけません。野生動物が民家に近づく一番の目的は「食べ物」です。したがって、餌になるようなものを自宅の周辺から消し去る工夫が必要です。雑食性のアライグマに対処するには、「キッチンごみ(生ごみ)を屋外に置かない」「鳥類や魚類などの小動物を屋外で飼育しない」「果実の成る庭木を植えない」など、動植物全般に注意しなければいけません。また、「ペットの餌やりは玄関(屋内)でする」「被害の噂を耳にしたら家庭菜園を一時休止する」などの対策も有効です。これで完全に被害を防げるとは言えませんが、「食べるものが全くない」すなわち自分たちの餌場ではないと学習させることで、アライグマの標的になる危険性は確実に少なくなります。

アライグマは「生態系の破壊」「農作物の被害」「文化財の破損」など深刻な被害を出しています。そのため、各自治体は本格的な被害防止と駆除への取り組みを始めています。しかし、残念ながら問題解決につながるだけの効果は出ていません。現行の捕獲、駆除方法では追い付かず、生息分布の拡大を阻止できていないのが実状です。この問題を解決するには行政レベルだけでは困難、すなわち個人レベルでの取り組みが必要不可欠です。地域住民の一人一人が自分にできる範囲で対策を講じることです。被害を未然に防ぐ試みは、アライグマの繁殖抑制に直結します。また、実際に被害を受けた場合、自治体への連絡、害獣駆除業者への相談など、迅速な駆除対策をすることが被害拡大の阻止につながるのです。

写真ギャラリー